まったくけしからん!!新興風俗とデリバリーヘルス

時代時代に合った性風俗が台頭し世の中のドスケベな男性を満足させてくれる旬な風俗はなんなのか、覗き見してみませんか?

*

野郎が集まれば真面目に語る昨今のデリヘル事情

男性が10人居れば、10人それぞれに性癖があります。他人である誰かとまったく同じ趣味嗜好だということはありえないと思うのです。だからこそ日本の性風俗はここまで独特の進化を遂げたと言えるのではないでしょうか。1990年代後半、それまではいかに若くて可愛い女のコと遊べるかがデリヘルの醍醐味だったのが、人妻系風俗の台頭でその意識が変革し、「人妻・熟女」が性風俗のみならず、AV業界や一般に社会現象として波及していった。ほぼ同時期に、一般社会の韓流ブームに先駆けるかたちで韓国エステや韓国デリヘルが乱立、性風俗業界にブームを巻き起こす。性風俗での韓流が一段落つくと「M性感」なるものが登場、これは現在まで根強いファンに支えられ存在し、その後の「痴女」ブームを引き起こすきっかけとなったのです。また、かつてより「デブ専」と呼ばれるジャンルはあり、それに特化した性風俗店は存在したが、あくまで一部好事家たちのためひっそりと営業していたのだが、現在ではしっかりと市民権を得て、数多くの「ぽっちゃり・デブ専」系のデリヘルが数多く、しかも大々的にサイト等へ広告を載せている。このように性風俗発信で、アダルトビデオ業界を巻き込み、一般社会にまで届くような流行はいくつもあるのです。世間一般からは、ともすればアンダーグラウンドな日陰の存在に見られがちなデリヘルも実は大きな影響力があり、その先見性は特筆すべきものと断言できましょう。ならば今現在の業界はどうなのでしょう?先に挙げたような大きなブームは見られないのが残念ですが、次のヒットとなるような火種はふつふつと一定の熱量を維持し、ブレイクの機会をうかがっているようです。大手広告代理店や大手総合研究所では絶対に取り上げないであろう次世代のデリヘルの潮流は何なのか、下半身のテントばかり張るのではなく、アンテナを広げ、時流を読み、次の性風俗ムーブメントを予想してみるのも、野郎同士の酒席では一興なのではないでしょうか。
○○のデリヘル風俗情報で男のアンテナを張ってみませんか。

公開日: